HOME鉄塔と空/スペシャルフォト

いつもは何とも思わない鉄塔もよく見るとなかなか格好いいものですね。 趣味で撮影したスペシャルフォトです。

鉄塔

鉄製の骨組み構造から構成される細長い建造物である。送電線やアンテナの支持、気象の観測、灯台、消防の望楼などに用いられる。放送用の大型の鉄塔はデザインにも配慮して作られ、観光地となっている所も多い。
エレベータの設置に用いる四角柱型の鉄塔や、アマチュア無線のアンテナなど、家庭に設置する目的の製品も存在する。
構造
等辺山型鋼(断面がV字型またはL字型の鋼材)または鋼管をボルトなどで接合した構造である。材料の使用量が同じであれば、鋼管の方が高い強度が得られるとされる。亜鉛メッキなどの防錆加工がされている。
地面に基礎と呼ばれる強固な鋼材、コンクリートなどを埋め込み、その上部に鉄製の構造物を固定する。大型のものは地上に露出している部分も鉄筋コンクリートなどで補強することがある。また、鉄の腐食を防ぐため、地上から必要な高さまでをコンクリートなどで包むこと(根巻きコンクリート)がされる場合がある。
送電線の支持に用いる場合、最上部に架空地線と呼ばれる電線を設ける。これは送電の目的ではなく、電線への落雷を誘導して直撃を防止するものである。電磁誘導障害、電波障害を軽減する場合もある。最近では架空地線の近くに光ファイバーを配置することが多い。
航空法の規定により、紅白の塗装や、赤色の照明、ストロボ(フラッシュ)などが付けられていることがある。ただし、塗装については航空法の制定以前に建設されたものはこの限りではない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサード リンク

紹介している写真は、キャノンの Canon PowerShot S2 IS PSS2IS で撮影しました。
製品概要・仕様
メーカー型番 : PSS2IS
カメラ部有効画素数 : 約500万画素
撮像素子 : 1/2.5型 CCD、総画素数約530万画素
焦点距離(35mmフィルム換算) : 6.0(W)-72.0(T)mm[36(W)-432(T)mm]
F値 : F2.7(W)-3.5(T)
私のような素人・初心者でも手軽に素敵な写真が撮れます。
価格も3万円弱でお手頃。大満足の一機!
デジカメは写真の現像も不要、撮影の失敗も気にせずどんどん撮影出来るのが最大のメリットです。
一眼デジカメを購入する前の入門機として最適、自由度の高い、やりたいことが何でも試せるカメラです。

Copyright © 2007 フォトライブラリー All rights reserved.
スポンサード リンク

スペシャルフォト INDEX

thumbnail for {@thumbpath}

main image