HOME仮面ライダー/スペシャルフォト

仮面ライダーのフィギュアを屋外でデジカメ撮影したスペシャルフォトです。

仮面ライダー

石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)が原作者として設定・デザイン・漫画版の執筆等を担当し、毎日放送・NET(現:テレビ朝日、後に1975年のネットチェンジによってTBSに変更)系にて放送、大ヒットした東映製作の特撮ヒーロー番組です。
概要
仮面ライダーの第1作は、1971年に発表された。
元々怪奇ドラマとして制作していたこともあり、それまでの覆面もの・超人ものなどのヒーロー作品とは一線を画した「異形」のヒーロー像と、颯爽とバイクを駆り「ライダーキック」などダイナミックなアクションを見せるスピーディな演出、毎回登場する多彩で特異でグロテスクな怪人たちの表現などが当時の視聴者に衝撃を与えた。また単騎で敵と戦う等身大のヒーローの姿はテレビを見る子どもたちの心をしっかりと捉え、「ライダーごっこ」はそれ以降日本の子どもたちの典型的な遊びの一つとなる。特に仮面ライダー2号の登場に際して生み出された、腕を大きく動かしながらそれぞれのヒーローに固有の変身の掛け声を叫ぶ「変身ポーズ」は、以降のシリーズのみならず数多くのヒーロー番組に影響を与えた。
その後も登場人物や敵組織、または時系列、世界観そのものを替え、多くのシリーズが製作された。それぞれの番組は基本的に、主人公となる「ライダー」( = 仮面ライダー)の名称をタイトルとしている。一般にこれを仮面ライダーシリーズという。
なお、原作者である石ノ森章太郎の没後に制作された『仮面ライダークウガ』以降の作品は、一般に「平成仮面ライダーシリーズ」と呼称される(『仮面ライダーBLACK RX』も平成作品だが、これは含まれない。)同シリーズは制作局が毎日放送から同シリーズが以前放送されていたテレビ朝日へと移っている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサード リンク

紹介している写真は、キャノンの Canon PowerShot S2 IS PSS2IS で撮影しました。
製品概要・仕様
メーカー型番 : PSS2IS
カメラ部有効画素数 : 約500万画素
撮像素子 : 1/2.5型 CCD、総画素数約530万画素
焦点距離(35mmフィルム換算) : 6.0(W)-72.0(T)mm[36(W)-432(T)mm]
F値 : F2.7(W)-3.5(T)
私のような素人・初心者でも手軽に素敵な写真が撮れます。
価格も3万円弱でお手頃。大満足の一機!
デジカメは写真の現像も不要、撮影の失敗も気にせずどんどん撮影出来るのが最大のメリットです。
一眼デジカメを購入する前の入門機として最適、自由度の高い、やりたいことが何でも試せるカメラです。

Copyright © 2007 フォトライブラリー All rights reserved.
スポンサード リンク

スペシャルフォト INDEX

thumbnail for {@thumbpath}

main image