HOMEティンカーベルと立夏の花々 Vol.2/スペシャルフォト

せっかくなので、ティンカーベルのフィギュアを花の側に置いて撮影したスペシャルフォトです。

ティンカー・ベル(Tinker Bell)

イギリス、スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ケンシントン公園のピーター・パン』、小説『ピーター・パンとウェンディ』などに登場する妖精である。彼女の妖精の粉を浴び、信じる心を持てば空を飛べる事が出来る。愛称はティンク。
概要
Tinkerとは鋳掛(いか)け屋のことである。ティンカー・ベルは、壊れたおなべやフライパンなどを直す、金(かな)もの修理の妖精である。腕のいいティンクは、物を修理することがなによりのよろこびであった。イライラしたり、何かに集中したりすると、前髪をひっぱるくせがある。性格は気が強く、かなりの焼きもちやきだけど、正義感も友だちを思う気持ちも人一倍強い。その証拠に、友人のピーター・パンがフック船長の罠によって毒を飲みそうになったときに、ピーター・パンを助けるために彼女が代わりに毒を飲み干すシーンがある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スポンサード リンク

紹介している写真は、キャノンの Canon PowerShot S2 IS PSS2IS で撮影しました。
製品概要・仕様
メーカー型番 : PSS2IS
カメラ部有効画素数 : 約500万画素
撮像素子 : 1/2.5型 CCD、総画素数約530万画素
焦点距離(35mmフィルム換算) : 6.0(W)-72.0(T)mm[36(W)-432(T)mm]
F値 : F2.7(W)-3.5(T)
私のような素人・初心者でも手軽に素敵な写真が撮れます。
価格も3万円弱でお手頃。大満足の一機!
デジカメは写真の現像も不要、撮影の失敗も気にせずどんどん撮影出来るのが最大のメリットです。
一眼デジカメを購入する前の入門機として最適、自由度の高い、やりたいことが何でも試せるカメラです。

Copyright © 2007 フォトライブラリー All rights reserved.
スポンサード リンク

スペシャルフォト INDEX

thumbnail for {@thumbpath}

main image